domiのFM日記

フットボールマネージャーのことを書いたり、それ以外のことも書いたりします。

経営陣から見る近代欧州サッカークラブの歴史 マンチェスターユナイテッド編 前編

まず、書いておきたいのはあくまで、ここで語るのは経営であることです。経営ではないです。経営わかりません。当シリーズ「経営陣から見る近代欧州サッカークラブの歴史」はオーナーを深掘りし、移籍での意思決定を考察ないし邪推していこうと思います。

 

ということで初回の特集はマンチェスターユナイテッド

 

ファーガソン勇退後低迷を続け、大型補強を繰り返すもCL圏内を行き来する残念な結果を続けています(残念なのは、ユナイテッド比でと言うことで)

その結果を、プレミアリーグ全体が強くなったことも一因として考えられますが、その一方で明らかにフロント陣の失敗が招いたと言われています。

今回はなぜ今こういう状況になったのか、どこがターニングポイントだったのか。そもそもオーナーはどのような本職をしているのか。などを今回書いていきます。

と、思ったのですが書くことが多かったので前編、中編、後編に分けます。この前編で、オーナーのグレイザー一族について書いていきます。

中編ではクラブの稼ぎ方について

後編には、今のユナイテッドの惨状へとつながったターニングポイントを解説。そしてここ十年の移籍を振り返り、総評を行いたいと思います。

 

ということで、ひとつよしなに。

グレイザ一族

 マンチェスターUのファン出なくてもグレイザーが嫌われているということをご存知な人も多いと思います。

と言うことでグレイザーとは何者かご紹介。

まず、グレイザー一族のドン、マルコム・グレイザーを紹介。1928年ニューヨーク出身のユダヤ人。幼少期貧乏であったそうで、それが後々の意思決定に影響を与えたのかもしれない。

Embed from Getty Images

そして、1984年にファーストアライドコーポレーションを設立。ショッピングモールを所有・賃貸するアメリカの不動産持ち株会社。だそうです。詳しくはウィキでどうぞ。

en.wikipedia.org

1995年には、世界最高のスポーツの一つ、NFLはパッカニアーズを買収。スタジアムを自治体の負担にさせて新たな球場を建設。

そのことをえらく怒る方もいるが、アメリカには多数の都市があり、住民はプロスポーツチームがあるのが住む決め手という方が一定数いるため、実は球団、自治体ともにウィンウィンの制度ではあります。

f:id:Costako:20201121011827j:plain

とんとん拍子にスカッドは強化され2002年にスーパーボウルを制覇。しかし、2007年以降地区優勝がないなど、正直チームの強化に興味がないように評価されている。

そして、2005年にマンチェスター・ユナイテッドを買収。詳しいことは次節に書くため割愛。

ただ、当時に投資対象として他クラブとユナイテッドを比べてみると、レアルやバルサが選挙で経営陣が決まる為稼ぐのが難しく、バイエルンセリエA勢もオーナーがしっかりしてしまっている以上、三冠し名将ファーガソンがいるというマンチェスター・ユナイテッドに目をつけるのは正しいとは思う。当時のユナイテッドはガバナンスがゆるゆるだったらしかったしね。

そのマウコムグレイザーも2014年に死去。ユナイテッドの権利は家族に分けられた。そのため今のユナイテッドのオーナーはグレイザー一族と表記されるのである。

買収方法のえげつなさ

さて、2005年にグレイザー家がレバレッジド・バイアウトしました。

と言われても私にはなんのこっちゃわからないので、2020年11月号のフットボリスタ内のワンコーナー、szakekovciさんプレゼンツ、サッカーファイナンス用語集から引用します。

通称「LBO」買収対象のクラブが生み出すキャッシュを返済原資として借入を行い、借りた金と自己資金を合わせてクラブを買収する手法。この借金はクラブが返すことになる、グレイザー家のマンチェスター・ユナイテッド買収が代表例

ということらしいです。つまり、チェルシーアブラモビッチやマンCのマンスールのように身銭を切ってるわけではなく、クラブに借金をさせて自分が儲けるという…

 

実際に、グレイザーは配当金という形で利益を上げていて、ここ五年で1億1100万£もクラブから吸い上げています。(ちなみにチェルシーは4.4億£、エバートンは3億£をオーナーから資金投入されています)

 

 このコロナ禍でもグレイザー家が絶好調。そもそもユナイテッドの収入がしっかりしているというのもあるが、しっかり配当されたみたいです。

ファンの嫌悪

ここ十年間、トップシックスでオーナーから資金投入されていないのは実はユナイテッドだけ。今夏の市場まではアーセナルのクロエンケも資金投入してなかったが、アトレティコからトーマス獲得の際、クロエンケのジョルシュ・クロエンケさんが父を説得し重たい腰を動かしたというお話が出たためグーナーは大歓喜

ユナイテッドもOBエブラがいうにはアブラム・グレイザーとジョエル・グレイザーはやる気のある人のようなので、この二人の名前が出たら注意深く読んでみてほしい。

・労働者のスポーツであるフットボールで、利益を巻き上げているという嫌悪感がファンの間に巻き起こっているそうな。

・グレイザーは最後まで、フットボールを知らない男たちである。(リヴァプールレッドソックスのはうまくやっているというのに)なぜ、フェランやべキスタレインを投入しなかったのかは謎。結局お金を巻き上げられてしまい交渉で後手をとっている。

・ちなみに2017年の夏の報道ではグレイザー一族によって、ユナイテッドの移籍金は制限されている、と報じられた。

・イギリス人のアメリカ的なものへの嫌悪感も含まれていると考察する記事もある。

・グレイザーは本当の天文学的数字を提示されない限り、どんなオファーも首を縦に振らない様子。(天文学的数字とは大体40億£と言われているが、これはソースがあやふや過ぎ)

・そして、実際に、サウジアラビアのジャーナリズム?なにそれ美味しいの?王子からのオファーも退けたという。

 急に箇条書きになったのは疲れたからです。

 

最後に

ここまで、稚拙な文を読んでいただきありがとうございました。

正直、ソースなどはあやふやなので話半分に読んでいただけたらと思います。

前回投稿したのが11月の1日なので、4週間近く投稿が開いてしまったことになります。申し訳ありませんでした。

企画と構想はまとまっていたのですが、いかんせん意欲が湧かず…調べることもそれなりにあって…(泣き言)

投稿していなかった間にもアクセスしていただいた方に感謝、感謝でございます。私の執筆モチベーションに大きく貢献してくれました(何様)

 

 

 

 

 

 

こちらの記事を参考にさせていただきました。

www.nfl-32.com

note.com

sportiva.shueisha.co.jp

コラム domidomiのブログ紹介 ファンブログ編①

例えば、一概にYouTubeを見るときにも試聴基準が人によって違います。目の保養になる方か、キツめのVtuberか、きつめの蹴球哲学者か、などなど。

f:id:Costako:20201030134526p:plain

私のおすすめVチューバーデス()

www.youtube.com

 

 

同じように一重にサッカー系ブログと言っても多種多様。ということで今回のコラムはワタシのおすすめブログの紹介をしてみようと思います。

 

 まずは、ファンブログをご紹介。

ファンブログというものが数多の人を惹きつける理由は、私には大きく分けて二つあると思います。

一つ目はサッカークラブを応援するという愛が感じられること。一記事にあたり、大体4000文字以上を書くのは並々ならぬ熱量が必要です。

そしてクラブをずっと追ってきた人だからこその表現を感じられるのが魅力です。例えば、ハイライトで一試合を見るのと、90分じっくり見続けた時の感想は違うはずです。さらに言えば、一年通してみた人と一試合だけ見た人ではシーズンの結果は同じであっても違う評価をするはずです。

メディアがその試合の断面を切り取ったとしても、ファンブログを運営されている方は大河のようなところのひとつとして受け取るわけで、違う表現をなさると思います。

早く短いメディアがSNSに迎合し、情報が消費されていく世の中だからこそ、ファンブログのような大河は価値を増すように私は感じます。

 

目次

(ここから書き方が変わって気取った感じになります)

ASローマ速報

私の中でローマ というクラブは、トッティデ・ロッシと言ったバンディエラ(生え抜きの選手)が現れ、レガシーが強く出るクラブという印象がある。

ASローマ速報を運営されている如月さんは、そんなローマにぴったりの情緒たっぷりの表現をなさる方で、以前私が「19/20ユナイテッド選手評」の中でスモーリングの印象をお伺いしたら快く受けてくださった人格者の方であります。(強調)

asromasokuhou.com

如月さんは有料noteの方でも記事を書いておられ、そこでもローマのことを発信されています。赤字覚悟でローマに対する愛を綴っておられる方なので、ぜひみなさんもサポートをしていただけたら、と呼びかけをいたしとうございます。

note.com

そして、私がASローマ速報さんの尊敬する点は圧倒的更新速度とコンテンツの充実。なかなか一般では知ることのできない監督や選手の会見でのコメントの日本語訳に、如月さん見解の試合の評価、なんと退団した選手の発言まで!?

それに加えて、Noteの更新やセリエAに関するイベントに参加。ツイッターでのお茶目な一幕など、過労して憔悴するのでは?と思ってしまいます。体をご自愛ください。

asromasokuhou.com

そして、ライターを応援してくださる企画もあるそうなので、興味のある方は如月さんのTwitterまで!是非!

twitter.com

NO Milan NO Life

ACミランといえば圧倒的な黄金期と、ペルルスコー二のご乱心など経営陣のごたごたもありチームは弱体化。ということで、今もなお応援し続ける真のファンは悲喜交々の想いを様々な形で発信している。

acm.x7z.xyz

ということで紹介したいのはNO Milan NO Lifeさん。2018年からこのブログをされており、ミランファン目線と客観視をちょうどいいバランスで書かれている。あと単純に読みやすく、面白い。

私のおすすめ記事は2018の10月に投稿された

『[愛の劇場] イブラヒモビッチACミランの永遠の愛』というコラム

acm.x7z.xyz

2019/20シーズンの冬。ボローニャなど他クラブからのオファーがあったものの、ミラノに復帰し、その後のビアンコネロを一人で動かしたと言っても過言ではない活躍ぶりを見せたズラタン

その復帰は一年前から噂されており、そのニュースを受けて書かれたこの記事。

正直私のイメージでのイブラヒモビッチは、チームを転々と流浪しその都度結果を残す。というチームという単位に縛られない、いうならば傍若無人な王様のような存在でした。

しかし、この記事を読んでみたら…私のズラタンの印象が変わりました。

記事から出てくるイブラのACミラン愛の数々!少なくともインテリスタからは嫌われそうな発言は強烈だ。

そして、運営者のMakotoさんはACミランのニュースを取得し、ツイッターで流してくれる「AC Milan News bot」を運営中。要チェックです!

twitter.com

Hikotaのバルサ考察ブログ

バルセロナはクラブの特色が他と比べて、色濃く出るクラブ。カタルーニャ州の象徴である点やソシオ制を敷くことで、バランス感覚に優れた経営陣が出ることでお馴染みです(ブリテッシュジョーク)

Hikotaさんのブログで面白い部分は戦術面を私みたいな、ピッチで何にもできなかった人にもわかるようにしてくれるところ。

www.footballhikota.com

一試合ごとにターニングポイントや、フォーメーションのかみ合わせなどを図解を用いてわかりやすく解説してくれる。

バルセロナというクラブはここ一年監督がかわり、戦術面でも迷走している印象を受けるところ。それを一試合ずつ詳しく解説してくれるのはとてもありがたい。

もちろん相手クラブの戦略も含まれて解説されており、どのように準備されているのか…と思ったら、すでにブログにてご回答が。

www.footballhikota.com

相手の状況や戦術を考慮せずについつい試合を語ってしまうんですよね。主語がIとかWeになりがちというか。サッカーは相手があってのスポーツです。相手のやり方によってこちらのプレーは確実に変わります。そこは必ず考慮にいれなければいけないポイントです。

理想的なのは、対戦相手の試合をチェックすること。DAZN大明神様が非常に優秀で、リーガ・エスパニョーラの試合は全試合放送してくれています。1週間は映像が残るはずなので、恐らく前節の試合であればどのチームのも観れるはずです。このサービスを利用して対戦相手の直近の情報を頭に入れます。

フルで見るのが一番いいですが、時間がなければ前半だけ、ぶっちゃけ前半の10分間だけでも目を通すだけで効果は絶大です。この作業が挟まるだけで試合当日の負担が大幅に軽減されます。陣形、ラインの高さ、選手起用、ビルドアップの方法などおおまかな情報が入ればOKです。ハイライトを見るよりも、最初の5分を見る方が予習にはなると思います。

とのこと。PSG戦の一試合の感想を断片的に書いただけで、疲れ切った私としては尊敬の限りです。

fm20domidomi.hatenablog.jp

さて、HikotaさんはTwitterでも精力的に活動中。試合中でのコメントやツイキャスでの発言は必見。

twitter.com

そして、ここを紹介するのもアレですが、Hitokaさんの一番尊敬しているのはブログの紹介ツイート。

 いやー、要点がまとめられていて期待感を出す文章。Twitter運用の苦手な私は尊敬するわけですよ。

アーセナル猿のプレミアライフ

とある調査で日本で一番ファンが多いという結果が出たアーセナル。その中で日本アーセナル界隈を引っ張る方の一人である、さるさん。

www.arsenal-monkey.com

ロンドン住みのさるさんは、今年でイギリス在住12年目。アーセナルファンであるとともにプロレスファンで、ブログではユーモアたっぷりの独特な表現で書かれている。私はプロレスに疎いのだが、それでもなんとなくの面白さがあるので、タモリさんのいうところの”わからないままのもの”の面白さみたいなことだと解釈している。

 

YouTubeでイギリス情報やエミレーツスタジアムのリアルタイム情報やフットボリスタに記事を寄稿されるなど、多岐にわたる活躍を見せるさるさん。

www.youtube.com

そして、さるさんのブログの特色は「アーセナルがこのブログ一つでわかる」ポイント。アーセナルのグッズ(スパイクやユニフォーム)の紹介などポップな記事が多いですが、結構重たい考察もあるので、うっかり軽く読み始めると想定外にしっかりしていて、面をくらったりします。

 Twitterの質問箱でさるさんに質問を送れるので皆さん送ってみてね!

twitter.com

月刊ユベントス

ユベントスは有無を言わせぬ強豪クラブ。ここ10年でセリエA九連覇、そしてCLは二度の準優勝と、メガクラブに今一番近いクラブと言えます。そんなユベントスですが、マンチェスター・シティバイエルン・ミュンヘンなどに感じる無機質な強さ、目の前の勝利の積み重ねこそがアイデンティティのようなクラブ。とは違うものを感じる。

前記した二クラブと近いような状況でありながら、ただ強いにプラスで何かの魅力があるのがユベントスというクラブ。そして、その何かの魅力を感じることをできるのが月刊ユベントスだ。

getsu-juve.com

 

この月刊ユベントスさんの特筆すべき点は選手を愛称で呼ぶところ。特に記事中では愛のあるイジリがよく行われており、遠く異国の地からでも選手に親しみを持つことができる。

そして、このユベントス会議室を運営されているミツさんは近年、様々な形で活動を広げている。まずは月間ユベントスTVというユーチューブチャンネルのご紹介。

 

www.youtube.com

ラジオ感覚で聴ける10分強の番組で主に試合の振り返りをなさっています。結構真面目にやられてるので月ユベから入られた方はびっくりするかも!?そして私が一番おすすめだったのがユベントスの9番をファン目線で時系列に則って追った。この動画

www.youtube.com

 

非常に分かりやすく、面白かった。図解も使われており難解なカルチョトランスファーを紐解くのにぴったりであった。

 

そして、ユベントス会議室という有料Noteのサービスがある。月100円を会員費として支払い、様々なサービスを受けられるのだ。

note.com

 

やっている事

「‘’日々‘’やっている事」で言うと、ボクが毎日記事を投稿して、それに対してメンバーさんがレスを入れたり入れなかったり、と言う感じです。

記事の内容は多岐に渡っており、ユベントスの事から月ユベの運営の事、更には今後立てようとしている企画の事など、色とりどり。結構メリハリがあるので毎日読んでも飽きる事はないと思います。

(Note:ユベ議室って何やってるの?より)

実は私、このコラムを書くにあたりこのユベントス会議室にお邪魔させていただきました!

入って数日目なのでディープなことはわかりませんが、日々の生活の中にユベントスがあることが実現できると感じました。また、ここだけで見られるミツさんのバイタリティ溢れる様も必見ですよ!

twitter.com

お試し用のアカウントを用意していただいてるので、ぜひぜひ興味を持たれた方はみつさんにお問い合わせを!

コラム マンチェスター・ユナイテッド 20/21シーズン展望

さて、現在リーグは五節、CLは一試合を消化しておいて何が展望だ!という気もしますが、フットボリスタも大体同じ時期に展望本出してたのでいいと思います。

 

コンペディション

プレミアリーグ

スールシャールも三年目だし、CL圏が取れればいいでは今期はダメでしょう。とも思っていたが、チャンピオンベルトを持っているはずのリヴァプールが中堅クラブのアストンビィラに7-1で敗れる、などなど例年より魑魅魍魎のプレミアリーグなので、CL圏とれたらとりあえず合格。

Embed from Getty Images

ただ、マンC・リヴァプールの二強が今期は例年よりかは落ちてきそうなので、どちらか上回れば◎

CL

うふふ

まぁ、今日のユナイテッドには当てはまってはいませんよね。ポグバとブルーノが反旗を翻したら今のユナイテッドは詰みます。オーレはタイトルをとって、経営陣・ファンの心証を得なければならない。

チーム編成もかなり若いので数年先に繋がる経験を積めたらね…

(ユナイテッドの売り上げを鑑みたらベスト8は行かなきゃいけないのは内緒だぞ!)

FAカップカラバオカップ

さて、昨年はキャプテンマグワイアが全試合出場するほど、カップ戦に力を入れるスールシャール。そうは言っても若手も多く起用され、ここからトップチームに抜擢される若手もいるので面白い。おそらくカップ戦はディーン・ヘンダーソンが出るはず。コンデションがよければせいゴールキーパーデ・ヘアと争うかも!

Embed from Getty Images

ファーガソンFAカップで優勝し首がつながったのは有名な話。スールシャールもタイトルが欲しいところで国内カップ戦を制することができるかどうかは、重要ごとの一つになるかもしれない。

選手に注目!

ポジションごとに

GK まずはロメロさんというユナイテッドの功労者に対して随分なことを行なってしまっていることを確認したい

Embed from Getty Images

ディーンヘンダーソンという生え抜きの若手のGKがローンバックしたことにいよりクラブの構想外になってしまったロメロさん。

おそらく年棒の高さにより所属できうるチームが限られた上にホームグロウン枠でもなくプレミアリーグでも敬遠されたということだろう。契約解除してあげなかったのはなぜだろうか。

アストンビィラの噂が上がったが、アーセナルで昨年活躍したマルティネッリが入団。結局ジョーンズとともにプレミアリーグの選手登録から外れてしまった。

DF PSG戦で突如スタメンの最右翼に上がったトゥアンゼベにここでは注目していきたい

Embed from Getty Images

いやはや、フットボールマネージャーではいい選手なんだけどね…パターンかな、(フットボールマネージャーはリアルサッカーシュミレーションゲーム)と思ったら、まさかムバッペをスピードで競り勝てるプレーヤーだったとは!?

 ユース上がりで22歳となると徐々に換金対象になってくる立場。一年間プレミアで戦った経験のない彼は今年が正念場。

昨年にはキャプテンを任せられるなどスールシャール監督には信頼されているご様子。フィジカルや高さは魅力でリンデロフよりスタメンで使われるかもしれない。怪我には気いつけて!

MF リンガードには再起を期待したい。

Embed from Getty Images

昨年はリーダーシップを期待したい立場であったが、親族の不幸もあったせいか正直ピッチ内では期待を裏切った。

前半戦こそ運動量を生かしそこそこ出場。前半戦のマンチェスターダービーでは効果的にハーフスペースでボールを受け活躍していた印象。

ただ、冬のブルーノ・フェルナンデスの加入によってピッチに居場所はなくなってしまった。トランスファーマーケットでの推定移籍金は急落。代理人をライオラに変更。などなど退団が濃厚となり恩師モウリーニョの元へ移籍するという話もあったが残留。

彼は二列目はどこでも、なんならインサイドハーフもできそうなユーティリティープレーヤーなので、必ずどこかで出番はあるはず。カップ戦からでも監督の信頼を取り戻していきたい。

FW グリーンウッドには夜遊びをやめていただきたい。

若気の至りで済む程度に収めといてください。バロテッリルートには頼むから進まんでください

Embed from Getty Images

ワクワク若手

流石に毎年、グリーンウッドやらブランドン・ウィリアムズのようにユースからトップチームに定着する選手が出てくる。とまでは思いませんが、若手が伝統的に抜擢されるユナイテッド。

ということで今回紹介したいのは地元出身のメンギくん。スピードとフィジカルを兼ね備えた選手らしいです。昨年のELにてトップチーム初出場。どうやら世代有数のタレントと評価されている。

Embed from Getty Images

18歳183cmのメンギくんはアンゴラのルーツを持ってるらしい。ただ、アンダー世代はイングランド代表を選択。毎年招集されており、トップチームに登録された今年はちょっと注目してみてみたい。

期待の選手

マーカス・ラッシュフォード

 

慈善活動を継続的に行うというのは難しいこと。慈善活動をしておいて悪いことをすればよりダメージは大きいし、一時的にぶち上げてそのあと何もしないとなると批判も場合によって巻き起こってしまう。多忙でスポンサーのアイコンでもある選手にとって支援を継続する難しさはあるはず。尊敬します。

 

Embed from Getty Images

 

さて、話をピッチに入れると評価が難しい選手。守備で献身的に走ってくれるわけでもないし、ユナイテッドで守備免除を許されるほど常時圧倒的な得点力があるというわけでもない

ただ、ハマった時の切れ味たっぷりのドリブルと圧巻のシュートはは間違いなくユナイテッドの10番。ただ一試合通して手がつけられないかと言われればそこまでではない。

と、ここまで書いて思ったのだが、さけしさんの書かれていたレロイ・サネ評と被っているんじゃないかということ。

wegottadigitupsomehow.hatenablog.com

(自分で寄せているのでは?とも思っているのは内緒だよ♡) 

今年はリーグ戦に20ゴールないし、トータルで20アシストを期待したい。

新戦力

カバーニ

正直背番号7ですか…という気もあるし、実績で語るならユナイテッドで有数の選手になるのは間違いないので、サンチョも来なかったしつけてもいいんじゃないかという気もしてる。33歳ってのが妙だよね。28だったら手放しで喜んでる。

Embed from Getty Images

献身的な動きと天性の点取り屋精神を両立する世界トップクラスのセンターフォワード。高年齢でのプレミア挑戦は怖いけど、まぁまぁの結果は残してくれそう。

リヨンのムサ・デンベレやらウルブスのラウール・ヒメネスなどのフィジカルのあるザ・9番型を一貫して狙い続けた移籍方針であったが、選手たちが、市場にはほぼ出ておらず仕方なくなのかはわからないが、序列の低かったであろうカバーニに。

テレス

PSG戦でデビュー前はインテルで長友に負けた27歳。 Embed from Getty Images

というなんとも言えない評価が聞こえてきたのでビクビクしてましたが、初お見えの感想としては中々面白い選手だなぁと。

Embed from Getty Images

PSG戦、WBで起用されたテレスは、持ち味のクロスとコーナーキッカーとして放たれた球質が眼を引いた。あまり見ないような感じでうねってました。回転はちゃんとはかかってるけど無回転みたいな。

今まで蹴っていたブルーノフェルナンデスが加入すぐのテレスにキッカーを譲るということは、すでに球の精度が高いと認められている証拠。

スールシャールが今季から5バックもオプションとして、選ぶこともありそうなので出場機会もあると思う。ぜひ期待したい。

ペリストリ

サンチョの代わりにきました!なんつって。20歳で右ウイング、アルゼンチンからやってきたドリブラー。数多のビッククラブから注目されてきた選手らしい。アルゼンチン出身のウイング?…うう…頭が……

 

 

Embed from Getty Images

 まぁ、若手だし多少適応に苦しむかもしれない。長い目で見て行きたいと思う。

Embed from Getty Images

ファンデベーク

今年の移籍市場の目玉選手。安心のアヤックスブランドで、どうやら取締役のファン・デル・サールがユナイテッドにお世話してくれたご様子。ありがとうございます。愚息に大切なファンデベークを預けていただける運びとなりまして。

レアルマドリードに濃厚とされていた彼で、代理人も『ファンデベークはレアルからオファーが来たんやで!もっと使わんかいな!』とおっしゃってました。代理人って口軽くて大丈夫なの?

いわゆるインサイドハーフとトップ下を兼用してできる、デブライネタイプの選手のようなのでブルーノ・フェルナンデスとポジションはかぶりそう。開幕戦で早速ゴールを決めたようにオフザボールと決定力のある選手ということで期待。

今年のユナイテッドは4-3-1-2も使っていきそうだから、既存の選手達といいコンビネーションを見せてくれるかもしれないね。

Embed from Getty Images

監督、経営陣

経営陣

 おい!ウッドワード!サンチョ取るって言ったら、とれよ。満額払ってさ!

Embed from Getty Images

ちょっと参っちゃうわよ。

 

移籍市場最終日にガタガタっと移籍の頭数は揃えたが、どうにも小粒。サラーがクロップの移籍のファーストチョイスで無かったように、サンチョがダメでもなんとか他の選手で代用できるサールクラスを、とはならんかったのでしょうか。残念です。

監督

なんとも評価が難しい。移籍の方針は間違ってないと思うし、昨年のマンC戦やチェルシー戦にはリーグダブルする。トッテナム戦で1ー6で負けたかと思えば、PSG戦に勝ったりする。ラッシュフォード やマルシャル、グリーンウッドと言ったFWたちは順調に成長しているように写るし、攻撃時の作戦はいつまで経っても仕込んでいないように見える。

Embed from Getty Images

ブルーノ・フェルナンデスがケンカしたというニュースが流れた時は主力の心がオーレから離れているものだと思ったし。逆に鬼軍曹だという話も聞こえてくる。

守備はそれなりに考えられているようにも思えるが、戦術面では欧州トップにいるとは到底言えない。

確実に私が思っていることは、スールシャールは今期タイトルを取らなければならないということ。ファン・ハールFAカップを獲得しても首は切られたが、当時と今ではライバルたちの競争力が違う。それにスールシャールはレジェンドだしもう少し甘く見てくれると思う。

監督後任候補

いささか縁起は悪いが、後任としてはアッレグリを推したい。もう一人の有力候補、ポチェッティーノスールシャールの方針、若手獲得、そして成長を促す系譜だと思うが、やはりユナイテッドは強くあって欲しい気持ちもある。若手育成という点であれば、アッレグリもポグバやモラタ、ディバラといった選手を一流に育てた実績がある。

それにアンチェロッティハメス・ロドリゲスを引っ張ってきたように、一流は一流を呼ぶ物。お給料は高いだろがおそらくピアノマンより安いのだからチャレンジしても良いのではないでしょうか?

Embed from Getty Images